最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
天然水とは

コップ一杯の水

近年、健康志向の意識が消費者の間で高まり我々の身近なものまでどんどん新しい商品やサービスが開発されています。
特にここ10年ほど前から天然水というものが、一般家庭に徐々に浸透していき今では当たり前のようにどこの家庭でも飲料水のペットボトルが見られます。
その中でも天然水と謳われた飲料水の増加は目を見張るものがあります。
さてそういった飲料水のことをミネラル水と呼びますが、ミネラル水と水道水の違いはなんでしょうか。
ミネラル水のイメージとしては、綺麗で濁りが全くない美味しいお水というものとする人が多いと思います。
実は、ミネラル水とは地下の水や山にある湧き水のように自然の中にそのままある水のことを言うのです。
といっても日本の水道水が飲めないからミネラル水がここまで普及してきたわけではありません。
日本の水は世界でも高水準な安全性の高い飲料として認定されています。
ただそういった水道水独特の匂いなどがあるので、そういったものが気になる方はミネラル水を好むのだと思います。

硬度の違い

天然水には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが含まれています。
そのミネラルの含有量の違いによって水の硬度が決まり、1リットル中120ミリグラム以下が軟水、それ以上が硬水と決まります。
一般的な日本の水道水は軟水で、まろやかで飲みやすいのが特徴的です。
硬水はマグネシウム量の多さによっても異なりますが、飲みごたえがあって飲みにくく感じられることもあります。
しかし、マグネシウムによってお通じ改善に効果があることもあります。

軟水と硬水どちらが良いというわけではありませんが、人によって好みがあるために購入前に比較してから選ぶことが重要でしょう。
選ぶ際にはランキングや口コミを参考にすることで、飲まなくてもある程度特徴を知ることが出来て便利です。

オススメリンク

広がる滝

健康比較も上位

今現在もっとも注目されている天然水がある。
口コミで広まった天然水なのだが最近まで世の中には広まっていなかった水で貴重だということがわかった。
山奥の綺麗な水で取れる量も少ない。Read more

関連リンク